迷っている状態の素晴らしさ

たとえば、パソコンを買い替えようと、どれにするか迷っている時。

「メーカー」「機能」「性能」「サイズ」「色」「価格」などなど、たくさんの情報を仕入れて比較して選ぼうとする。

でも、どのパソコンを買うか決めてしまったら、あとは安いのはどこか、サポートが優れたお店はどこかなど、求める情報は必然的に絞られてくる。

ということは、迷っているときは、「情報に対し敏感」で「積極的」と言えるのではないだろうか。

そして、これは人間関係などで迷っているときにも、同じように言えるように思う。

「どうしたらいいかわからない」と自分を追い詰めるとしんどくなるが、「今は、積極的に情報を求めているんだなあ」とそう思えたら、心に余裕が生まれるんじゃないかなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です