自己否定に「待った!」をかける「でも君」のチカラ

 
 
 
 

「今日は天気良いですよね~」 と話しかけて

「でも、寒すぎですよね!」 と返ってくると何となく気持ちが下がります。    

だけど、 「今日は大雨で気持ちが滅入りますよね」 と話しかけて

「でも、雨って嫌なことも洗い流してくれるような気がするんです」

と返ってくると、ちょっと気持ちが明るくなる気がします。  

  「私は気が利かなくて本当にダメだな!」

と自分を責めそうになっても、

「でも、それだけ私は相手の気持ちを考えてるんだよな」

と背景にある優しい気持ちに目を向けてみれば、

自己否定も止められるのではないでしょうか