ミスを学びに変える行動とは?

オンラインのイベントで記念写真を撮る時。
いつもの感覚でボタンを押したら、
手が別のボタンに当たったみたいで、
撮れていると思い込んでいた写真が
撮れていませんでした。

「大切な思い出の写真だったのに」
「みんなが時間調整をして集まってくれたのに」
「このメンバーが揃う機会はそうそうないのに」
申し訳ない気持ちが充満しました。

でも、終わったことに後悔し続けても仕方ないなと思いました。

こんな時、みなさんはどのように気持ちを切り替えますか?

私は、「決意」を表明しました。

みなさんにお詫びをした後、
「今回のことで、大切な写真は、
その場で確認した方がいいと学べました」
「だから、次回からはその場でチェックします」と。
すると、温かい言葉を掛けてもらえ元気が戻ってきました。

「次は、しっかり確認してみんなの最幸の笑顔を撮るぞ」
と気合が入りました。