「誰かを嫌な気持ちにさせるかも」と考えること

「今日の服装はイイネ」

と言われると、「昨日までの服装を否定された」ように感じる人もいるだろう。

「笑顔は素敵だね」

と言われると、「笑顔だけしか良くないのか」と思う人もいるでしょう。

「関西人だからやっぱり面白いですね」

と言われると、「面白く話せるように努力したのに簡単に決めつけやがって」と思う人もいるかもしれない。

そんなつもりはなくても、自分の言葉が誰かを嫌な気持ちにさせるかもしれない。

完璧を求めるつもりはさらさらないが、
「どんな風に受け止められるだろう?」
「嫌な気持ちにさせる人もいるかもしれない」
と考えて発言することはいつまでも大切にしたい。

その気持ちがあれば、誰かを嫌な気持ちにさせたとしても、その経験を生かしてもっと優しい人になっていけると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です