「ない」からできることをする

ある芸人さんが、下積み時代に先輩芸人に大きな借金をして助けてもらった話をされていました。

「お金がない」から、恥を忍んで頼みこめた。

助けてもらったら、頑張ろうと思う気持ちが強固になった。

その結果、売れっ子芸人になって借金を返し、今は後輩に奢れるようになったと話されていました。

友達が多いと、一人一人に時間を割いて丁寧な関わりをすることはなかなか難しい。

裏返せば、「友達が少ない」時は、一人一人に誠心誠意関わる大チャンス。

そうして周りの人を大切にしていると、その少ない友達が「こんないい奴がいるんだ」と自分のことを周りの人に紹介してくれるようになっていく。

結果、たくさんの友達に囲まれる人生が訪れることでしょう。

「友達がいない」時は、「僕の最初の友達になって」と言う人生一度の大チャンス。

そんなことを言われたら、幸せな気持ちでいっぱいになって生涯付き合える友達ができると思います。