【人の活躍を見て気持ちが落ち込むとき】

自分がしんどい時に周りを見ると、

「あの人楽しそうだなあ」
「どうしてあの人ばっかり」
「それに比べて自分は…」
「みんなイキイキしてるのに、何で私はこんなにダメなんだろう」

これまでの人生で何度こんなことを考えたかわからないです。
頻度は減りましたが今でもたまにあります。

だけど、こうなったときは私にとって大きなチャンスなんです。

今の私がこのような状況になったら、
これまでに自分に優しい言葉を掛けてくれた人、
親身になって助けてくれた人を思い出し、
お世話になった方達に感謝の言葉を心を籠めて送ります。

過去に周りの人に力をもらった体験を振り返ることで、
「ありがたかったなあ」
「自分は一人じゃない」
「みんながいてくれたからこその今なんだ」
という実感があふれてきます。

感謝が自然と湧いて、すごいエネルギーが生まれるんです。

そうしていると、感謝を伝えられた人とのご縁も更に深まります。
落ち込んでたのに感謝できてる自分がすごいように思えてきます。
どんどん気持ちが明るくなって力が満ちてくるんです。

しんどい時に感謝するって簡単なことではないかもしれません。
だけど、誰かに勇気付けられた体験、助けてもらった体験、
「ありがたいなあ」と感じたことを思い出すことにチャレンジして欲しいなと思います。

そうしたら、自分を責めることも、人のせいにすることもなくなって、
「自分も誰かの力になりたい」
「貢献できることがある」
と前向きなエネルギーが湧いてくると思うから。