【前提を変える大切さ】

3年半前、心理学を学ぶ『日本メンタルヘルス協会』に初めて行った時のことです。

体験講座を終えて帰ろうとした私に、「岡島さん、お疲れさまでした」と声を掛けてくれた人がいました。

受付のケイトさんと呼ばれる女性でした。

来た時に受付の手続きをしただけでした。

その日は、体験講座に100人近い人がいました。

「何でこの人は自分の名前を憶えてくれてるんだろう?」、消えない疑問が残りました。

『日本メンタルヘルス協会』に通うようになって、私とは前提が違うのだと知りました。

ケイトさんの前提は、「人の顔や名前を覚えられないはずがない」だったのです。

私は、「たくさんの人数になると覚えられなくなるからなあ」という前提だったのです。

ケイトさんのお話しを聴いてから、「同じ人間、私も覚えられる」と思い人と接するようになり、ずいぶん人の顔と名前を覚えられるようになりました。

その後、ケイトさんは出産のため受付から離れられました。

そして今日、心理学の先輩、まつむらゆうこさんが【こころ-え】で開催して下さった「お母さんを応援する講座」に娘さんと共に来てくれたんです。

こういった形で再会できるなんて思いもよらず、幸せがいっぱいでした!(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です