【離れていく人がいた時】

自分から人が離れていったとき、とても悲しい気持ちになりますね。

昔の私は、「あの時の〇〇が悪かったのかな?」
「もっと、△△しておけばよかったな」

過去を思い返して自分を責めたり、後悔してばかりでした。
気持ちの切り替えができずに、いつまでも引きずることが多かったです。

・・・

時が流れた今は、すぐに切り替えられるようになりました。

人が離れていっても、「ご縁がなかったんだな」、「タイミングが今じゃないんだな」と引きずることがなくなりました。

そう思える要因は2つ。

1つ目は、「その時その時のベストを尽くして人と関わる」ように意識しているからです。
だから、たとえ残念な結果になっても、
「あの時も自分のベストを尽くしたよね」と自分を責めずに肯定することができます。

2つ目は、「自分が全力で力になりたい人をはっきりと定めている」から。
離れていく人を追いかけるより、全力で関わりたい人にエネルギーを注ぐ。
そう決めているし、そうしたいので、切り替えが上手くいくようになったのだと思います。

・・・

どうしてそうなれたのか?

私の最初の一歩は、人と関わる時に「自分にできることで、この人が喜んでくれることは何かな?」と自分に問いかける癖をつけることでした。

それは、別れ際に「ありがとう♪」+「今日も楽しかったよ」と一言プラスしたり、誰でもできる小さなことでした。

でも、その小さな積み重ねが今の私を作ってくれました🌈