【「傷つきやすい性格」も魅力】

傷つきやすい私は、人から少し強く言われただけでショックを受けて落ち込みます。

これだけでは、自分も不幸せで、周りにもマイナスの影響を与えてしまいます。

しかし、別の視点から見れば、私は「繊細」で「言葉に敏感」な側面があります。

その特徴を活かして、相手の気持ちを汲んで、あたたかい言葉を選んで人と関わるようにしています。

結果、「安心できる」「ホッとする」「居心地がいい」と言われることが増えました。

「傷つきやすい性格」を才能として活かして、自分も相手も幸せに導いたと言えるのではないでしょうか。

そして、人に喜んでもらえると、傷ついても立ち直りが早くなり、傷つきやすい自分が好きになってきました。

弱みの中にある魅力を「どう活かせばいいか」の選択肢を無数に提供できる人に私はなっていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です