「自分を満たさないと周りは満たせない」

私にとってこの言葉は、「そうだよな」と思う側面と、「ハードル高いな」「逆でもいいんじゃない」の3つの側面があります。

「最初に自分で自分を満たさないといけない」、と受け取ってしまうとハードルが高いと感じるのです。

私は、満たされない人生を30年以上続けてきました。

自分を満たすなんてことは考えたこともなかったですが、間違いなく満たされてはいませんでした。

33歳までずっと友達がいなくて、「優しく接してくれる人がいたらいいのにな」と幻想の中で生きていました。

たまに満たされるときと言えば、「店員さんが笑顔で微笑んでくれた時」など、周りの人に助けられてでした。

人に満たしてもらって、ようやくエネルギーが生まれていたのです。

自分で満たせないからすぐにエネルギーが枯渇して、落ち込んだまま這い上がれない人生でした。

でも、今は、落ち込んでも這い上がるのが早くなりました。

嫌なことを引きずらないようにもなりました。

どうして変われたのか?

最初の一歩は、「人からもらうエネルギーの数と量を増やした」からだと思います。

自分にエネルギーをもらいたくて、「頑張って相手をほめていたこと」、「無理して笑顔を振る舞っていたこと」がありました。

過去の私は、見返りを求めて行動していたと思います。

でも、動機が何であれ、結果として私はお返しとして、人から自分のいいところをたくさん教えてもらい、笑顔を振りまいてもらえました。

そうすると元気が出て、自分にもいいところがある気がして、結果、自分で自分を満たすこともできるようになりました。

人によって様々な変化の軌跡があるでしょう。

落ち込んだところから立ち直ったストーリー、どん底から這い上がったストーリー、人が知りたいのは「方法論」ではなく、「変化の軌跡」なのかもしれませんね。

「自分を満たさないと周りは満たせない」” に対して1件のコメントがあります。

  1. AffiliateLabz より:

    Great content! Super high-quality! Keep it up! 🙂

  2. okaji より:

    Thank you for your comment.
    I will continue to work harder.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です